横浜元町のセラピスト☆malieの極楽日記

横浜山手ヒーリングハウスハプナのオーナー、malieの日記。お店のお知らせや日々の想いなど、ぼちぼちつづっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たとえ世界中を敵に回しても・・・

秋・・・

最近、はまっているフレーズ。

「たとえ世界中を敵に回しても・・・・・」

某所でこのフレーズを耳にしてからとても気に入っている。

「たとえ世界中を敵に回しても、私は私の味方です。」
「たとえ世界中を敵に回しても、私はあなたの味方です。」

別に普段はとても友好的に暮らしているので
誰かを敵に回したいとは思わないんだけれども
こんな風に情熱的に生きられたらなあ・・・と。

「たとえ世界中を敵に回しても」という言葉を入れるだけで、いかにもドラマチックになるところが不思議なとこで。

「たとえ世界中を敵に回しても、今朝はアンパンを食べたい。」とか。
「たとえ世界中を敵に回しても、禁酒はしない。」とか。
「たとえ世界中を敵に回しても、君を愛する気持ちは変わらない。」とか。

実際、世界中を敵に回すことなんて、私には出来ない。
でも、そんなふうに守りたい何かを持っていることはとても素敵なこと。

それだけ、自分にとって価値のあることって何だろう・・・。

私の場合は
「たとえ世界中を敵に回しても、自由な気持ちを持ち続けたい」というところだろうか。

高校時代に、とても自由な校風の学校に通ったおかげで、そんな気持ちをずーっと持ち続けることになっている。今もずっと変わらずに自由が好き。もちろん、人に迷惑をかけない範囲の自由でいい。何かに情熱をささげる自由さ、自分の好きな道を追求出来る自由さ。自分の自由を大事に出来るので、人の自由も大事に出来る。
時々、自由すぎて寂しくなることもあるけれども、やっぱり風のように自由に生きていたいなあ。

私から自由を奪ったら、トンネルの中に入れられたカナリアのように窒息死してしまう・・・。

自由でいること、自分自身でいられることに乾杯!


スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

そんな歌もありますよね♪
けっこう昔の映画の主題歌だったかな。
そして守りたいもの、自由!いいですね~^^
響きも素敵に聞こえてきた!
人生を楽しむためにも自由はとても大事だしなぁ。。。

世界中を敵に回しても・・・守りたい大切なもの。
なんだろうな~。

歌があったんだ~

myongちゃん
どうも~。
歌があったんだ。。。

いやあ、秋だからかな、ドラマチックな気分になっちゃうんだよね~。

私も、本当に自由が好きなのか、書いてしまってからも悩み中。本当は違うかもしれない・・・。でも、やっぱり、自由が好きかな。

マリエさま。
「たとえ世界中を敵に回しても、今朝はアンパンが食べたい。」
そのアンパン、さぞや美味しいんだろうね(笑)。
私も今朝、会社に行く人ごみの中みずほ銀行の前で似たようなこと考えてました。
最近、「幸せって一体なに?」って考える機会を与えられて、一つの答えとして
「たとえ世界中を敵にまわしても、自分だけは絶対に自分の味方でいられること」
これも、私の幸せの一つかな~って。
大勢の人に責められる状況というのもリアルに考えたりしてね(笑)。笑いごっちゃないんだけど、その状況でも自分自身を肯定できるのだろうかと。
幸せの形や色は本当に人によっても違うし、同じ人でもその一瞬一瞬で違うよね。
今の私にとっての「幸せ」おかげさまで、少しづつ答えが見えてきております。

マリエちゃんの好きそうなフレーズだね~
妄想がどんどんふくらみそうだよね☆

マリエちゃんは本当に自由が似合う女性だから気ままに素敵に自由人でいて、楽しい事をして、みんなを幸せにして欲しいな。

私は『世界中が敵だとしても』無条件の愛を送りたいな。。

そうそう・・・

keiさま
アロハ~。深いねえ。事情を知っているだけに、応援しまくりです。
たとえ世界中を敵に回しても、私はkeiさんの味方です。
こう言ってると、盛り上がってきて、「敵よ!どんどんやってこい!戦ってやる!」みたいな気持ちになってくるのは、なんででしょうかね?韓国ドラマのようだよね。
幸せってその人それぞれに違うから、いいもので。
でも、本当に、何でしょうね、幸せって。
人に優しく出来る余裕がある時は、私は幸せな気がします。逆に自分がいっぱいいっぱいで、優しく出来ないときって本当は幸せではないのかもしれません。

妄想、広がりまくりです。

ラシークさま
アロハ~。さすが、私はヒプノセラピストだけあって、妄想の幅広さだけでは、誰にも負けないかも。
無条件の愛って、実践出来たら凄いよね。
あるハワイアンの女性は「ギブ&ギブ」の人だって雑誌て読んだことがある。皆、見返りを求めるけれども、彼女は与えるだけ・・・。
世の、子供を持つ親達は、「無条件の愛」って実践されている方多いんではないか?と思う。子育てしている友だちを見ていても尊敬しちゃうもんね。私も、自分の親からは無条件の愛を感じるよね。こんな私を育ててくれてありがたいよ~離婚した時にも、味方してくれたし。おろかな娘でごめんなさい・・・って反省してしまうのでした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

malie(マリエ)

Author:malie(マリエ)
12月21日生まれ。
教育業に10年ほど携わり、現在は、
ロミロミセラピスト
ヒプノセラピスト
TFG認定ファシリテーター
横浜の洋館・隠れ家サロン
ハプナを経営。
☆趣味 フラ・お習字
☆好きな言葉 なるようになる。
☆好きな食べ物 ウニ
☆食べられない食べ物 トロロ
☆弱点=髪の長い男性に弱い

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。