横浜元町のセラピスト☆malieの極楽日記

横浜山手ヒーリングハウスハプナのオーナー、malieの日記。お店のお知らせや日々の想いなど、ぼちぼちつづっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶道はセラピーだった

20代の頃、茶道を習っていたことがある。
10年近くは続いただろうか。
お茶を習うと「気品」が身に付いて、手の動きがなめらかになるし、
気持ちが落ち着くということで始めた。
「気品」がたりないなあって思っていたんだろうかね、その時は。

その頃は、普通に会社員だったので毎日忙しく働いていた。
そんなバタバタした毎日の中で、茶道を習う金曜日の夜だけは特別な時間が流れていた。

近所に、京都ご出身の裏千家の先生がお住まいだったので、そこで習っていたのだけれども、玄関を開けたとたんに、お香の清らかな香りがして空気が違った。

よく「浄化」という言葉をセラピーの世界では使うが、本物の「浄化」された空間だった。清らかというか。神社にいるのと同じような空気がそこに流れていた。聖なる極上な空間だった。

そこに毎週金曜日に行くと、妙におちついた。
さっきまで、会社にいてドタバタ仕事していたのに、心がすうっとしてリセットされる感じ。嫌なことが会社であっても、気分が落ち着いた。先生に何があったのか話をしないのに、心がニュートラルになった。

「平常心」が大事だと、先生はよくおっしゃっていた。

その頃に言われたことが、今でもふとした瞬間に思い出される。言葉が生きてよみがえってくる。自分にとってきつい出来事が起こった時でも、「平常心」に還ることが出来るので、悩みの中にずっと沈んでいることなく客観的に自分のことを見れるようになったみたいだった。

きっと、毎週、セラピーを受けていたようなものだったんだなあ。毎週、リセットしてもらえて。私は不真面目な弟子で、家でまったく復習しなかったので手順も覚えられなかったけれども、本物の浄化とは何かとか、生き方について学べたようだった。

今は、師にはついていないので、「人、皆、わが師」だと思って、日々修行しましょうかね。
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

私もね、今日すっごく仕事で疲れてしまってそれこそセラピーが必要だなぁって考えてたんです。

でもね、私には「心のTemple」があるんだって感動してしまいました♪けいこさんと一緒にやっている瞑想にかなり影響されてますね~

心のテンプル

心のtempleって素敵な表現ですよね~。
みんな誰でも自分の中に豊かなものを持っていますものね。
「心の中の庭園」だったり。「天」を持っていたり。
「壺中天あり」という言葉も私は好きです。
誰でも自分の中に天があって、その天の大きさは人それぞれだとか。

私も、心のTempleを思い描いて瞑想してみようかな~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

malie(マリエ)

Author:malie(マリエ)
12月21日生まれ。
教育業に10年ほど携わり、現在は、
ロミロミセラピスト
ヒプノセラピスト
TFG認定ファシリテーター
横浜の洋館・隠れ家サロン
ハプナを経営。
☆趣味 フラ・お習字
☆好きな言葉 なるようになる。
☆好きな食べ物 ウニ
☆食べられない食べ物 トロロ
☆弱点=髪の長い男性に弱い

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。