横浜元町のセラピスト☆malieの極楽日記

横浜山手ヒーリングハウスハプナのオーナー、malieの日記。お店のお知らせや日々の想いなど、ぼちぼちつづっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

始めに、心、ありき

ロミロミ。

奥深いものだと思うのだけれども、この世界に入って7年目の私が、やっとわかったことがある。

「始めに、心、ありき」

どこそこのロミロミを習いました。。。
これだけのテクニックを覚えました。。。。

そうじゃない。

どの先生に習ったかということが重要ではなくって、ロミロミをする時に、いかに相手のことを思いやれるか。足が冷えている人には、まず、足を暖めて、ホットストーンを使って暖かくしてあげる。凝っている場所がいれば、凝りをほぐす。回数ではなくって、目の前にいるクライエントにどれだけ、寄り添えるか。どれだけ、その人がしてほしいと思っていることを敏感に感じとれるか。どれだけ、その人の気持ちに寄り添えるか。その人のハートにどれだけ近くいられるか?

ただ、それだけのこと。

雨が降っていたら、かさをさす。
のどが渇いている人には水を差し出す。

そんなふうに、ごくごく自然に、背中が寂しい人はさすってあげて、ぬくもりが欲しい人には、ぬくもりを与えて、笑顔が欲しい人には、笑顔で。

そんな風に、相手がしてほしいと思っていることを感じとれて、ロミロミという施術で表現することが、ロミロミなんじゃないかなって。

だから、ボディワークは、テクニックじゃない。

まずは、相手を感じることから。

それは、メイクラブにも似ている。

メイクラブ、という瞬間にマニュアルは必要だろうか?

相手を大事に思う気持ちだけがあればいい。。。

でも、きっと、それはロミロミだけに限らない。

セラピストにも言えること。
学んだセラピーの数が多ければいいっていうのではなくって、目の前にきてくれた人にどれだけ自分の心で対応できるか?どれだけ人間的に側にいられるか?それだけのこと。

だから、本当はツールさえいらない。

ただ、ただ、心があればいい。
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

yuko-san
本当に私も同感です!そんなyuko-sanに出逢えてほんとによかったなあ。。私もセラピストである以前に人として心で相手を思いやれる人間、相手の心を想像できる人間でありたいとすごく思いますね。
そういう人達が増えてくれると世の中よくなると思います。そうじゃない人がほとんどですからね。。

これでいいという仕事は、一日たりともないです。反省と気ずきのまいにちです。心です。同感です。まだまだ修行です。。。がんばります。





lomyさん
どうもありがとうございます。私も、ついつい、偉そうなことを書いてしまいました。ちょっと反省です。セラピストという職業を語る前に一人の人間として、他人に親切だったり、人として当たり前のことが出来ればいいなあ。。。と、思っているのです。
共感してくださって、とっても嬉しいなあ。私が思っている本当のことを書くのは勇気がいることだけれども、これからも書いてみます。

toritori師匠!
師匠は、やはり素晴らしいですね~。(勝手に師匠と呼んでしまってごめん。)最高の技術を持ちながらも、まだまだ・・という気持ちがさらに師匠を進化させているのですね。私も、もっと修行いたします~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

malie(マリエ)

Author:malie(マリエ)
12月21日生まれ。
教育業に10年ほど携わり、現在は、
ロミロミセラピスト
ヒプノセラピスト
TFG認定ファシリテーター
横浜の洋館・隠れ家サロン
ハプナを経営。
☆趣味 フラ・お習字
☆好きな言葉 なるようになる。
☆好きな食べ物 ウニ
☆食べられない食べ物 トロロ
☆弱点=髪の長い男性に弱い

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。