横浜元町のセラピスト☆malieの極楽日記

横浜山手ヒーリングハウスハプナのオーナー、malieの日記。お店のお知らせや日々の想いなど、ぼちぼちつづっています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の新耳袋 第一話

最近、私の周りで怪談の「新耳袋」が流行っている。
現代の実話の怪談を集めたものなのだが
怖い話ばかりではなく、時々ユーモラスなものも入っており
おもしろい。
文庫本で、全10冊出ている。

そこで、私が体験した怪談や、友人に聞いた怪談を書いていったら、いったいどのくらいになるかなあ・・・と思い、書き始めることにした。

全く、私のサロンに関係ない話であるが・・・。

第一話 くちゃい

友人のO氏が、新聞配達の住み込みの仕事をしていた時のことだった。

住み込みで、一人一室部屋があてがわれていたのだが、彼が住んでいるアパート全体が、異様に汚かったそうだ。建物の裏にネコの死体が朽ち果てていたり、便所の水が流れないまま修理もせずにそのまま放置されてたり、共同で使うキッチンには使用した皿が洗われないまま積み重なってゴキブリがいたりと、とにかく不衛生極まりなかったようだ。

O氏とその友達のT氏は、その建物のことを「サティアン」と呼んで恐れていたほどだった。

そんなに汚いのなら、自分達で掃除をすればいい・・・と思う。が、最初にそこに入ったときには、掃除をしていたのだが、掃除しても掃除しても、汚くなるペースの方が速いので、いつのまにかその環境に流されていったO氏とT氏だった。

ある夜のことだった。
のどが乾いたので、その汚い共同のキッチンへO氏は水を飲みにいった。すると、O氏の耳には、声が聞こえた。

「くちゃい!」

はっきりと、冷蔵庫の方角からその声が聞こえたそうだ。
他には誰もいなかったので、確かに冷蔵庫がしゃべったのだとO氏は言っている。
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

かわいい冷蔵庫ですね。
そんなところに置かれた、身の不運。(^^;

くちゃい、かあ。

気の毒だわあ。

本当に、おっきな声で「くちゃい!」と。

私も、そんな汚いところにはいたくないなあ~。
ほんと、冷蔵庫、気の毒です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

malie(マリエ)

Author:malie(マリエ)
12月21日生まれ。
教育業に10年ほど携わり、現在は、
ロミロミセラピスト
ヒプノセラピスト
TFG認定ファシリテーター
横浜の洋館・隠れ家サロン
ハプナを経営。
☆趣味 フラ・お習字
☆好きな言葉 なるようになる。
☆好きな食べ物 ウニ
☆食べられない食べ物 トロロ
☆弱点=髪の長い男性に弱い

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。